RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
ペキン・トリップ
JUGEMテーマ:中国
 がっつりと買付にいく予定だった3月。
チケットの値段やスケジュール組の問題で
ベストな買付をするために先送り。
ぽっかり空いた時間を使って小旅行をすることに。

中国はいつでもいけるし
「今」である理由はないのだけど・・・
限られた時間で手軽を重視して北京に決定☆

上海の高層ビルに囲まれるよりは
万里の長城にハイキング気分で体験しよ〜と。

日本で食するの北京ダックに納得がいかないから
本場の味を確かめてみよ〜と。

問屋街も調べてあるのでついでに買付もしてみよ〜と。


北京到着の翌朝。
万里の長城に向けて列車に乗り込む。
エントランスで平気で割り込んでくる現地人。
英語の通じないスタッフ。
通貨の感覚。
旅行者なめんな〜!

この面倒さが初めての土地に来た実感。
すぐに馴れてこの面倒さも楽しさに変わるんだけどね。

ビール(ぬるい)もツマミも調達し
つかの間の「世界の車窓から」気分を堪能。



無事到着!
海を渡ってきたという実感がグツグツと沸いてきた〜。


ハードな急斜面に息を切らしながら


巡り逢えたよこのアングル!
てっぺん見える塔までが一般的な観光コースらしい。
もちろん悩まず先に進んだけど。


一応・・・記念スナップなぞ。
すれ違う人達のほとんど振り向かれるのはナゼ?
ヘン?オレ?ダメ?ん?







ハイキングにしてはハード・・・
全体のほんの一部の観光可能箇所だったけど
気持ちのいい運動とずっしりとした感動をいただきました。
ありがとう万里の長城。


バスにゆられて市内に戻り、
北京の沈没スポット的な場所に到着。



湖にそって隙間なく軒並みを構えるカフェやライブbarの数々。
夜になると一斉にバンドのライブや弾き語り演奏が始まる。
とってもいい雰囲気☆
バンコクのカオサンっぽいというか・・・
同じ外国人が多い街でも
六本木にはとうてい出せないリゾート気分を味わえる。
日本にもこんなスポットができたらいいのに・・・

ディナーは目的の一つ「北京ダック様」

日本だと「皮!」って印象だけど、さすが本場は違う☆
旨み凝縮の肉までしっかりいただける。
しかも安い〜♪
アガったわ〜
うんまいわ〜


ほろ酔いの帰路、
ホテルまでの道を見失い、ほんのちょっと迷子になったような・・・
昔、インドでもやったな〜。
気付いたら薄暗く似たような路地が続く超ローカルポイント。

オレの自慢できる能力の一つに方向感覚の正確さがある・・・が・・・
たまに失敗します。
能力格下げです。

その時の不安感もキライじゃないんだけど、
安全第一を忘れちゃダメよね。


何日目かの朝・・・
窓を開けたら街が黄色いんですけど・・・
夢の中?
夜明け寸前?
夕方?
北京に着いての第一印象は空気ワル!だったけど・・・
コレは尋常ではないでしょ・・・


ほぼ同じ時刻のホテルの部屋からの日付の違う写真。
オソロシヤ・・・・



「黄砂」wiki

こんなにひどいの?
外はマスクとサングラスなしでは歩けない状態。
気管とか平気か?
今年初の黄砂らしい・・・
雨男説は濃厚だけど、砂まで降らすとは・・・
日本にもしっかりこの砂は届いたらしい。

ものすごいスピードで進んでいるという砂漠化。
対策はないものなんだろうか?
環境問題対策と環境破壊問題。
対策が追いつかなければいずれは崩壊だよね・・・
対策のスピードを上げるのではなく、
破壊のスピードを落とすことが大切だと思う。




天安門事件 wiki
いき過ぎた武力弾圧により、たくさんの命が失われた。


経済の急成長とともに大きく広がる貧富の差。

当時、報道されていない無差別発砲や
装甲車でひき殺される学生デモ隊の様子 YouTube


戦い続ける人類の歴史


人間は学習・成長できる生物


権力で弱者を追い込むのでなく


得た権力で弱者を救ってほしい


みんなが共存できるように。


キレイなテーマパーク


花は全て造花


近代的なビル郡


ホコリもゴミもない地下鉄


賑わう商店街

・・・



一歩横道に反れると


こんな風景が飛び込んでくる


ゴミのなる木発見


そんな裏側にも生活はあるわけで・・・


経済急成長の影響で、生活する場所を取り上げられる市民の行き先と健康は・・・


いったい誰が保障してくれるんだろう?

歴史も文化も深くすばらしい国だからこそ
張りぼてではなく
国民と調和の取れた成長をしていってほしいと願う。
小さな小さなイチ日本人の気持ちとして。

今回、ある程度はチベットの事を意識して街と接したけど・・・
一般市民はそれどころではないんだろうなという感想。
日本のチベットサポーターの声のとおり。








買付は見事に惨敗だったけど・・・


短い時間で少しだけ中国を、北京を感じることができた。
評論家に言わせると
成長のスピードが速すぎてバランスがとりきれていないらしい。

先を進む人。
必死にしがみつく人。
追いつけないでいる人。
諦めた人。
関係ないと割り切った人。

成長とはなんなのか
豊かさとはなんなのかを
改めて考えさせられた。

大人よりも若者のマナーが良くて以外だった。
ん?大人が子供の見本的存在だぞ?

広すぎる中華人民共和国
各地に興味がわいてきたな〜。



ありがとう北京☆
author:マー。, category:旅PHOTO, 16:25
comments(3), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:25
-, -, - -
Comment
羨ましい限りです‼突然の観光だなんて‼←っていうのはなしですかね!

最近はなかなかお会いする機会がめっきり減ってしまったのでとりあえず北京に行きます!笑
真島, 2010/05/12 8:42 AM
ちょっと〜〜!!まぁさん!!

愛称がたりないんじゃあないですか〜〜??
もてようとしてんですか〜〜〜?????

愛称・・・
マー
マー坊
マー兄
まあちゃん
タグっちゃん

赤ちゃんおじさん
しじみ君
酔いどれポン酒王子

ですがね〜〜。
ぷぷっ。

keyaki&noriko, 2010/05/13 7:41 AM
>真島
もっこんもりな感じ?

>ケヤノリ's
はい!メガデラックスにモテたいです。
マ。, 2010/05/27 6:17 PM









Trackback
url: http://lllmsyklll.jugem.jp/trackback/9